D's Co.,Ltd. D's Flower
SHOPPING
HOME
WHAT'S NEW
WEDDING
SCHOOL
taichi matsuo
RENTAL
taichi matsuo
WORKS
D's Produse
eco jelly
taichi matsuo
MOVIE
taichi matsuo
MESSAGE
taichi matsuo
GALLERY
ACCESS
E-MAIL
MAIL FORM
 
MESSAGE FROM TAICHI MATSUO

生花業界のことも [7月3日]
所属する日本青年会議所生花園芸部会総会&集まりでビッグサイトヘ。
JFC(旧:花き流通に関する6者協議会)に参加。
農水産省、俵氏の話はシゲキ的であった。
そして、花キューピット協同組合元会長及び、日本青年会議所生花園芸部会第6代部会長、
僕らの先輩でもある佐藤慶喜先輩の話し。
ワイヤーサービスの一本化の実現には僕も参同した。
生花業界。
今は‘キビシイ’が、きっときっとと思うのである。
そう望もう。
作品 [6月30日]
‘月刊美術’にて誌上領布(販売)される作品を仕上げた。
4月のアートフェアーに間に合わなかった大作2点である。
アートフェアー後コツコツ北砂タルパに通い製作し続けた超大作である。
一人では持ちきれぬためリフトでの移動。
そして‘ヘロヘロ’になる暑さに耐え続けた日々。
最高の仕上がりになったと思うのだ。
さて、次の作品にとりかかろうと思うのである。
とにかくこの時期の工場の暑さはなんとも言えず苦しい。
が、‘画廊くにまつ’の9月オープン青山店には間に合わせたいのである。
福岡へ [6月12日]
福岡へピカドンプロジェクトin福岡のイベントに参加&メンバーとしても参加。
今回、黒田征太郎氏のペインティングパフォーマンスを初めて見る。
スバラシイ。
すばらしすぎる。見てるこちら側も心地よい。
本人はもっと心地よさそうであったのは言うまでもない。
僕も、黒田氏のように‘伝える人’になりたいと改めて思った。
その後、小川裕司氏と共に小川氏のベースである小倉へ。
一度は行ってみたかった門司港へ。
今回初めて、東京、福岡間の移動に新幹線。
飛行機よりも時間はかかるがゆっくり寝れたのである。
感謝特盛り [4月4日]
4月2日から今日まで開催されていた東京アートフェア2010。
実は。実は。実は。
作品が完売したのである。
追加で持っていった1作品含め6作品の彫刻が売れていったのだ。

生命の器(輝)を買って下さったYUN GALLERY氏に大感謝
生命の器(芳烈)を買って下さった安岡彰一氏に大感謝
生命の器(定率)を買って下さった柿本秀二氏に大感謝
生命のかたち(悠久)を買って下さった千住博氏に大感謝
生命のかたち(方途)を買って下さった水野栄一氏に大感謝
生命のかたち(一物)を買って下さったシンフィアヨウ氏に大感謝

お買い上げ頂いた皆々様&見に来てくださった皆々様に大大感謝。
本当にありがとうございました。
私、本当に嬉しいのです。
そう。
中でも‘滝のアーティスト’千住博氏に頂いた言葉は嬉しかったのである。
‘ドスン’と来た。

そうそう。
アートフェア途中抜け出し、
行った新宿での小川裕司氏の個展オープニングパーティにてアートパフォーマンス。
イラストレーター黒田征太郎氏が小川氏に送った絵をバックに、
柳ジョージ&レイニーウッド元リーダー上網克彦氏とのパフォーマンス。
スローペースで作品を仕上げた。
やはりパフォーマンスは楽しい。
作品が売れた事もとてもとても嬉しい。
何だか楽しい一日であった。
皆々様ありがとうございます。
次への欲求 [3月30日]
作品を作り終えて味わうこの感覚。
僕にとっては‘作る&創る’事がすべてかもしれないと思うのだ。
作風も変わってきたと思う。
過去、分かりやすい感じを閉じこめてきた。
たとえば、花のもつ‘エグイ’部分や生命を最も感じる朽ちる超寸前。
今は何か?少し違うのだ。
‘今&今&今だ’を閉じ込める。
ここを止めたい&この瞬間を止めたい時に閉じ込める。
言葉では表せぬこの感じ。
創りたい。
作品達々 [3月29日]
ざっくり1年間かけて製作した作品達が仕上がった。
夏は40℃は軽く超え、冬は底冷えで‘ガクガク’くる北砂の工場に通った1年間。
思いの詰まった作品達々に仕上がったのである。

仕上がった作品を見に、画廊くにまつの國松氏がいらっしゃった。
4月2日〜4日まで開催されるアートフェアー東京2010に
松尾太一。作品を出品して下さるからである。
サイズを計り、値段をつけて頂いた。
今回は作品5点を出展&出品。
正直手放したくない子供達々ばかりであるのは言うまでもない。
アートフェア東京2010、画廊くにまつ(京都)ブースに是非いらっしゃってくださいませ。
もちろん僕もいます。ので。
仕上がった [3月27日]
作品達々が仕上がった。
嬉しい以外の言葉では表すことが出来ぬ状況。
いろいろ&いろいろなもの達に
感謝×感謝。ありがとう。
今年も [1月31日]
2010年も早くも12分の1年が終了。
横浜みなとみらいギャラリーでの作品展&樹脂作品展に始まり、秋田へ&京都へ等々。
なんとなく忙しい。
最近はイベント等の予算が少なくなったためか、動きが細かい。
が、おもしろいイベントも盛りだくさんである。
大きな大味なイベントから小さいが‘詰まった’イベントが増加してきた感じを受ける。
工夫をして集客を求めるプレゼン。
本来の良い姿なのかもしれないと思うのだ。
久しぶりに書いてみた [10月23日]
長い入院生活も終え、絶好調とはいえないが好調である。
間、沖縄や地方の風にあたったのも良かったに違いない。
来年の東京フォーラムでのアートフェアーに向けての新作の製作をしなければ&したいのだ。
やはり、‘生命力’といったテーマは外せない。
樹脂作品の製作・レッスンも初めて考えてみた。
表現が広がる方法でもあると僕は思う。
作家や彫刻に興味を感じる人、
何かつくりたい人は作りに来て欲しいと思ったからだ。
作品 [05月29日]
最近また通い始めた北砂の工場タルパ。
作品作り&創りはやめられない。


【管理者用メニュー】

ページトップへ
 
Copyright 2005 (c) D's Flower All Right Reserved.